このエントリーをはてなブックマークに追加

定期か終身かをよく検討しよう

がんは日本人が病気で亡くなる原因のトップと言われています。
また、2015年には2人に1人はがんで亡くなるという予想もされています。
では医療保険とがん保険とどう違うのでしょうか。
医療保険でもがんをカバーしている商品もありますが、がん保険は補償の対象をがんに限っていますので、保険料が安くなるのが一般的です。
がん保険にも定期型と終身型があります。
定期型は一定期間は変わらない保険料ですが、その期間が満了すると次の継続更新契約時に保険料が跳ね上がります。
生命保険の死亡保障は家族状況に合わせて、子どもが成人するまでの一定の期間は補償を厚くする、といった期間限定で保険金を大きく設定する定期特約を付けるのが一般的ですが、がん保険の場合は、残された家族のためというよりも、がん治療にかかる治療費や入院費を補助する目的のほうが強いので、家族状況に応じた定期型よりも一生涯保険料が変わらない終身型のほうがよいのではないでしょうか。
がんは高齢になればなるほど発症しやすいものです。
歳をとってから契約更新などで保険料が算出されると高額の保険料になってしまいがちですので、保険料がそれほど負担に感じられない程度の金額で契約できればそれに越したことはありません。
また、がんと診断されたときに一時金を受け取ることができるものや、退院時の一時金、通院費などを補償してくれるがん保険もありますので、いろいろな保険を比較するのもいいでしょう。
Copyright (C)2018がんの最新治療法について〜がん保険備えてますか?〜.All rights reserved.