このエントリーをはてなブックマークに追加

がん保険の必要性

どうしてがん保険は必要なのでしょうか。
実際にがん保険に加入している理由としていくつか挙げられます。
身内にがんにかかった人がいるという、つまり自分はがん家系であるという理由もそのうちのひとつです。
がんにかかる確率(罹患率)は男女ともに2人に1人、がんで死亡する確率は男性で4人に1人、女性で6人に1人と言われています。
さらに、がんと診断された人の5年相対生存率は男女ともに2人に1人というデータがあります。
がんが怖い病気だと言われる所以です。
しかしがんの治療技術は日々進歩しており、日常生活に支障が出ないようながん治療も行われています。
また、がんの平均通院期間は4年超というデータもあります。
入院だけでなく通院にもかなりの費用がかかりますが、それらを補償して長期療養に備えられるのががん保険なのです。
がんの30日以内の再入院確率もがんの部位によって差はありますが、平均では20%弱となっている点も、がん保険加入の必要性を説いているようです。
がんは日本人の死因の第一位です。
死因の約3割ががんだと言われています。
その中で、生命保険に加入している世帯のがん保険(がん特約)加入率は約6割にのぼります。
現在ではがん保険に単独で加入することもできるようになっており、また定期型と終身型も選べるようになっているがん保険がほとんどですので、今後さらに加入率は増えていくのではないでしょうか。
がん保険という単独商品ならば手軽な保険料で加入することができるのも要因のひとつになるでしょう。
Copyright (C)2018がんの最新治療法について〜がん保険備えてますか?〜.All rights reserved.