このエントリーをはてなブックマークに追加

保障期間がすぐに始まらない場合がある

契約して保険料の1回目の払い込みが終了しても保障期間が開始されない場合があるのががん保険です。
1回目の払込日から3ヶ月間を待期間として保証の対象外としているものです。
がんに罹患していてもまだ自覚症状がなく転移などで重症化しているかもしれないことを考慮した制度です。
つまりその期間にがんと診断されても保険金が下りないわけですが、これはがん保険特有の制度と言えるでしょう。
もちろん通常の保険と同じように、払込日等からすぐに補償の対象となるがん保険もありますので、加入時には必ず確認をしておく必要があります。
また契約後最初の一年間は保険金が満額支払われないという場合もありますので、こちらも必ず契約書等で確認をしておきましょう。
一方で、がんにかかったことがある人でも加入できるがん保険も出てきました。
過去2年以内にがんと診断されたことがない、などの所定の要件を満たすことが条件ですが、再発するかもしれないがんへの備えという点では、一度がんにかかったことがある人のほうが補償を切実に求めるのではないでしょうか。
その意味では、この種類のがん保険はまさに消費者のニーズに応えたものだと言えるでしょう。
がん保険に限ったことではありませんが、保険の契約時には細かい諸条件を面倒くさがらずに確認をすることが大切です。
後になって、補償の対象外だったと気づいても遅いのです。
気になる点を書き出して、保険会社にひとつひとつ確認をするのもいいでしょう。
Copyright (C)2018がんの最新治療法について〜がん保険備えてますか?〜.All rights reserved.