このエントリーをはてなブックマークに追加

3大治療と自由診療

がんの3大治療というと一般的に「手術療法」、「化学療法」、「放射線療法」があります。
「手術療法」は外科手術によりがん細胞を除去する方法です。
「化学療法」は抗がん剤を投与してがん細胞を殺す方法です。
「放射線療法」は放射線を照射してがん細胞の細胞分裂を止める方法です。
日本のがん治療の主流はまず手術でがんを除去した後に抗がん剤を投与したり放射線をあてたりするもののようです。
多くの人ががん治療というと手術を想像します。
がんは切って治すもの、という固定観念が日本では根強い一方で、放射線治療は近年の飛躍的な技術革新によって非常に有効であるという意見もあります。
がん治療の世界常識は、切らずに治すという放射線治療である、という見解を示す専門家もいます。
いずれにせよ、実際にがん治療にあたるとなると想像以上の治療費が発生します。
例えば、対象となるがんにもよりますが、抗がん剤治療では後発医薬品を使用した場合でも3割の自己負担分が4週間の薬剤料として2万円前後から3万円近くまでかかってくる例もあります。
そのほかの治療方法ではさらに細かく治療方法ごとに費用が変わってきますが、がん治療となるとトータルで医療費3割負担だとしても数十万円の自己負担は覚悟しておいたほうがよさそうです。
さらに自由診療というものもがん治療においては考慮されます。
がんに有効な治療法は世界中で常に開発され続けています。
国内未承認の抗がん剤などによる治療は健康保険の適用外として自由診療となってしまいます。
がん保険は3大治療とともに自由診療も補償してくれるものもありますので、加入する際には少しがん治療に関する知識を入れたほうがいいかもしれません。
Copyright (C)2018がんの最新治療法について〜がん保険備えてますか?〜.All rights reserved.