このエントリーをはてなブックマークに追加

がんの治療方法

がんの治療は一般的に3大治療として手術、抗がん剤治療、放射線照射が挙げられます。
手術をしてがん細胞を除去する手術療法よりも一般的には体への負担が小さい治療方法として放射線を照射する放射線療法があります。
放射部位の皮膚等に副作用が出ることがありますが、がん細胞内の遺伝子にダメージを与えて死滅あるいは小さくしたりします。
注射や点滴、飲み薬などで抗がん剤を投与する化学療法は、薬剤が全身に行き渡るために効果も全身に及びます。
強い副作用が出ることもありますが、近年は副作用の少ない抗がん剤の開発も進んでいます。
そのほかにも、免疫機能を利用する免疫療法、健康食品などを使用した代替療法、温熱療法などがあります。
温熱療法とは、がん細胞が正常な細胞と比べて熱に弱いという特性を利用した治療法です。
通常の治療法では対処が難しい局所のがんが対象となります。
これらの専門的な治療を受けるにしてもタダではありません。
がんと診断された際の一時金や入院費補助、退院時の一時金などでがん治療をサポートしてくれるのががん保険です。
通院やがんの再発時にも対応してくれるものもありますので、まさに本来の保険が意味するところの「万が一の備え」になるのではないでしょうか。
入院や治療に関する保険金額の設定も自分の生活環境を考慮した上で決めていきましょう。
現在の貯蓄や家族構成、生活費などから治療費としてどこまで自己負担することができるのかということをじっくりと考えてみるのもいいかもしれません。
Copyright (C)2018がんの最新治療法について〜がん保険備えてますか?〜.All rights reserved.